つみ木

昔から愛されている住友林業に依頼がグッド

伝統的工法のプロ

男の人

なるための学校とは

宮大工とは、神社や仏閣の建築、修繕を主に手がける大工のことです。神社や仏閣の建築、修繕に木組みという伝統的工法を用いるのが特徴で、宮大工は木組みのプロフェッショナルという点に特徴があります。神社や仏閣関係の仕事は徐々に少なくなってきているため、宮大工と称しながらも個人宅の建築、修繕を行う宮大工も多くなってきています。宮大工になるには、大工の棟梁のもとへ弟子入りし、修行を積むのが一般的なルートでした。現代でもそのルートは健在で、基本的な道筋といえます。しかし、弟子入りのみでいっぱしの宮大工になるには時間がかかってしまいます。一昔前ならば中卒で弟子入りするのが普通でしたが、近年では進路を決めるのは早くて高卒、場合によっては大卒のこともあり、修行する期間を長くとっている時間がありません。そのため、学校に進学して専門技術を学ぶというルートを選ぶ人も増えてきています。短い期間で学んでいる場合、個人宅の建設を依頼するのは不安と考える人もいますがそんなことはありません。しっかりとした知識、技術を身につけているので安心して建設を任せることができるでしょう。宮大工に物件の建設を依頼する場合ですが、インターネットなどから情報を得ることが可能です。依頼先のホームページによっては実績や施工例が記載されており、写真などでも知ることができるので自分に合った宮大工を見つけて依頼すると良いでしょう。